ホーム > 体臭を消す方法 > 雑菌の繁殖が原因となってしまう

雑菌の繁殖が原因となってしまう

体臭を減らす工夫をしている私の経験を語ります。アルコールやニンニクなどの匂いのキツイものは、体臭となって現れてしまいます。

そんな時に、体臭を消す方法を工夫しています。

夏になると炭酸入りの飲み物が美味しくなります。

特にビールは美味しい季節ですが、毎日飲んでいたり、飲み過ぎてしまうと、汗となって排出され、体臭になってしまうようです。

そのため、体臭を消したり避けるために、ビールから炭酸水に変更しました。

そのおかげでかなり体臭を消すことができました。

もう一つ考えられるのは、汗自体が臭くなくても、衣服に付いた汗に雑菌が繁殖してしまい、それが体臭の原因となってしまうことです。

汗をかいたら、できればこまめに衣服(特に下着)を変えたいものです。

私は汗をかく時期にあせもになってしまうので、入浴後にベビーパウダーをつけるようにしています。

ベビーパウダーをつけることによって、汗を防げるだけではなく、体臭も防ぐことができます。自分でもかなり体臭を消すことができていると感じています。

健康のためにも汗はかいた方が良いのですが、ストレス性のベタベタした汗は健康にも良くないと言われています。

また、ストレス性のベタベタした汗は、体臭の原因にもなってしまいます。

いわゆる冷や汗はできるだけかきたくないものです。

水分補給をしっかりと行い、爽やかな汗をたくさんかいて、肌はいつも清潔な状態にしておくことで、かなり体臭を消すことができる方法だと思います。

体臭の消し方や予防策をみんなで知っておきたい