ホーム > 現金化 > 消費者金融等のキャッシングと比べたクレジットカード現金化について

消費者金融等のキャッシングと比べたクレジットカード現金化について

グレーゾーン金利が廃止されたことで、消費者金融などで行われているキャッシングの審査は厳しくなっています。

現金が急に必要になったときにお金を借りるために消費者金融に行ったにもかかわらず、現金が借りられないということも少なくありません。

また、消費者金融などで現金を借りると金利が高くなります。

一方、ショッピング枠で購入した商品を売却して現金を得るクレジットカード現金化という方法があります。

キャッシング枠が限度に達していてもショッピング枠が使えれば行うことができ、消費者金融などからの借金とは異なって厳しい審査がありません。

消費者金融からの借入れがある人や主婦層から関心を向けられている方法です。

審査は厳しくないですが、本人確認は行われます。本人確認のために、身分証を提示する必要があります。

また、偽造カードや盗難カードの不正利用を防ぐために、現金化サービスを行うために本人名義のクレジットカードが必要です。

勤め先や年収などの情報は必要なく、アルバイトや高齢者や主婦などでも利用することができます。

そして、法人名義でも行うことができます。業者に依頼する場合はインターネットで取引する場合が多く、店に行って書類を書く必要がないので消費者金融からの借金のように手間がかかりません。

ただし、クレジットカード現金化は最終的には損をすることになります。

例えば、業者の指定する換金率80%の商品をショッピング枠で50万円で購入して業者に売却すると、業者から40万円を得ることができます。

このとき、後からカード会社に50万円支払わなければいけないので、借金が10万円増えることになります。

したがって、計画的に行うことが大切です。

良ければ参考にしてみてください:評判の高いネオギフト


タグ :